研究時期

2005年度

連携団体

静岡大学 堀田研究室

案件名
静岡大学情報学部堀田研究室との学校用CMSに関する共同研究
概要

学校ホームページを関係者が共同で簡単に作ることができるようにするためのモデルシステムを提案する。これによって学校の透明性とリアルタイム性が向上することを期する。
そのために、学校ホームページに掲載されるべき情報の内容について、所管は誰であるべきで、決済や公開範囲はどうあるべきかなど、校内の情報の流通について見直すための方向性を得る。ただし、校内には数多くの情報があるので、今回は学校ホームページに帰着する情報だけを対象とする。
この場合の学校ホームページは、公的機関としての学校の情報発信、保護者向けのサービス、子どもの学習活動の成果発表などのいくつかのコンテンツ群と視聴ターゲットから構成されると見なす。

関連リンク