実施年度

2016年度

研究調査パートナー

株式会社学研ホールディングス

プロジェクト名

「2020年に向けたこれからの教育環境づくり」に資する協業プロジェクト

概要

内田洋行教育総合研究所と学研教育総合研究所は,次期学習指導要領で求められている「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて,アクティブ・ラーニングの視点からの授業改善に資する学習環境や指導法について,調査研究を進めてきた。「主体的・対話的で深い学び」に関連する学習活動の実施状況や使用されている教材・教具,実施の課題を整理する中で,「主体的・対話的で深い学び」の実現によって育成しようとする「思考力・判断力・表現力」の概念を具体化する議論を重ね,「思考力・判断力・表現力」を構成する能力のタキソノミー(分類体系)を開発した。

関連リンク

 内田洋行教育総合研究所

ダウンロード資料