プロジェクト概要 活動報告 実績一覧 調査レポート Teacher's Desktop

UNIQUEプロジェクト活動報告

UNIQUEプロジェクトでは様々な教育系学会・イベントに参加してきました。過去の参加実績は以下の通りです。

 

◇2008年11月21(金)~22(土)

第34回全日本教育工学研究協議会全国大会・三重大会において以下の発表を行いました。

「普通教室のICT環境における日英比較からの日本型モデルの検討」
○野中 陽一(横浜国立大学),堀田 龍也([独]メディア教育開発センター),
石塚丈晴(静岡大学),高橋 純(富山大学),
青木 栄太(内田洋行),山田 智之(内田洋行教育総合研究所)

「教科書準拠の提示用デジタルコンテンツの開発」
○高橋 純(富山大学),堀田 龍也([独]メディア教育開発センター),
青木 栄太,森下 誠太(内田洋行) ,山田 智之(内田洋行教育総合研究所),
吉田 茂喜,江山 永(インフォザイン),井口 紗希子,吉川 亜衣(富山大学)

「算数指導におけるプロジェクタ活用の現状と理想の教室環境に関する調査」
○石塚 丈晴(静岡大学),堀田 龍也([独]メディア教育開発センター),
野中 陽一(横浜国立大学),高橋 純(富山大学),
青木 栄太(内田洋行) ,山田 智之(内田洋行教育総合研究所)

◇2008年10月11日(土)~13(月)

日本教育工学会第24回全国大会(上越教育大学)において以下の発表を行いました。

「教科書準拠の提示用デジタルコンテンツを利用した授業の特徴」
○高橋 純(富山大学),堀田 龍也(メディア教育開発センター),
青木 栄太,森下 誠太,山田 智之(内田洋行),吉田 茂喜,
江山 永(インフォザイン),井口 紗希子,吉川 亜衣(富山大学) 

「普通教室のICT環境における日本型モデルの検討」
○野中 陽一(横浜国立大学),堀田 龍也(メディア教育開発センター),
石塚丈晴(静岡大学),高橋 純(富山大学),青木 栄太,山田 智之(内田洋行)

「1普通教室あたりのプロジェクタ配備台数とプロジェクタ活用授業数」
○石塚 丈晴(静岡大学),堀田 龍也(メディア教育開発センター),
野中 陽一(横浜国立大学),笹田 森,山田 智之(内田洋行)

◇2008年9月6日(土)

日本教育工学会 研究会(玉川大学)において以下の発表を行いました。

「教科書準拠の提示用コンテンツを活用した授業実践と評価」
○高橋純(富山大学),堀田龍也(メディア教育開発センター),
青木栄太・森下誠太・山田智之(内田洋行),吉田茂喜・江山永(インフォザイン),
井口紗希子・吉川亜依(富山大学),宮本直子(浜松市立河輪小学校)

「教室のICT環境と算数における学習指導での活用に関する調査」
○石塚丈晴(静岡大学/メディア教育開発センター),
堀田龍也(メディア教育開発センター),
野中陽一(横浜国立大学/メディア教育開発センター),
高橋純(富山大学/メディア教育開発センター),
青木栄太・山田智之(内田洋行)

◇2008年6月7日(土)

NewEducationExpo2008 in東京において以下の発表を行いました。 

T20「わかる・できる授業のための教室のICT環境とは?~NIMEと内田洋行の共同研究「UNIQUE」プロジェクトの研究成果から~ 」
【コーディネーター】
堀田 龍也(メディア教育開発センター)
【パネラー】
野中 陽一(和歌山大学/メディア教育開発センター)、
高橋 純(富山大学/メディア教育開発センター)、
石塚丈晴((静岡大学/メディア教育開発センター)

◇2008年5月17日(土)

日本教育工学会 研究会(岩手大学)において以下の発表を行いました。

「公立小中学校教員の実物投影機等の利用に関する調査」
○石塚丈晴(静岡大学/メディア教育開発センター)
堀田龍也(メディア教育開発センター)
野中陽一(和歌山大学/メディア教育開発センター)
笹田 森・山田智之(内田洋行)

 「教科書準拠の提示用コンテンツの開発と授業実践」
○高橋 純(富山大学)堀田龍也(メディア教育開発センター)
青木栄太・森下誠太・山田智之(内田洋行)吉田茂喜・江山 永(インフォザイン)
井口紗希子・吉川亜依(富山大学)宮本直子(浜松市立河輪小学校)

◇2008年3月8日(土)

電子情報通信学会 教育工学研究会(徳島大学)において以下の発表を行いました。

「教員にWeb上の情報をリコメンドする機能を搭載した教育情報配信システムの開発と評価」
○山田智之(内田洋行)堀田龍也(メディア教育開発センター)
石塚丈晴(静岡大学/メディア教育開発センター)  
畠田浩史・青木栄太・笹田森・伊藤博康(内田洋行)・田中優(コネックス・エンター)

◇2008年3月1日(土)

日本教育工学会 研究会(名古屋大学)において以下の発表を行いました。

「公立小中学校教員を対象としたプロジェクタ等の活用頻度と理想の教室環境」
○石塚丈晴(静岡大学/メディア教育開発センター)堀田龍也(メディア教育開発センター)
野中陽一(和歌山大学/メディア教育開発センター)笹田森・山田智之(内田洋行)

◇2007年12月22日(土)

日本教育工学会 研究会(熊本大学)において以下の発表を行いました。

「公立小中学校における電子提示装置等の利用の現状と理想の環境に関する調査」
○石塚丈晴(静岡大学/メディア教育開発センター)堀田龍也(メディア教育開発センター)
野中陽一(和歌山大学/メディア教育開発センター)笹田森・山田智之(内田洋行)

「英国の教育におけるICTの普及の背景」
○野中陽一(和歌山大学)堀田龍也(メディア教育開発センター)
Avril M.Loveless(ブライトン大学)

「教員にWeb上の情報をリコメンドする機能を搭載した教育情報配信システムの開発」
○山田智之(内田洋行)堀田龍也(メディア教育開発センター)石塚丈晴(静岡大学)
畠田浩史・青木栄太・笹田森・伊藤博康(内田洋行)田中優(コネックス・エンター)

◇2007年11月17日(土)

第33回日本教育工学研究協議会 全国大会(旭市立中央小学校)において以下の発表を行いました。

「教員の校務におけるPCの利用と負担感に対する校種による違い」
○石塚丈晴(静岡大学/メディア教育開発センター)堀田龍也(メディア教育開発センター)
笹田森・山田智之(内田洋行)

◇2007年11月8日(木)

ICCE2007(広島大学)において以下の発表を行いました。

Tatsuya Horita, Mari Wada, Takeharu Ishizuka, Hiroshi Hatakeda, Eita Aoki,
Tomoyuki Sugiyama, Hiroyasu Itoh, Shin Sasada(2007),
Teacher's Desktop: A System for Distributing the Location of Useful Information on the Web for School Teachers, Proceedings of ICCE2007, pp.607-610

Takeharu Ishizuka, Tatsuya Horita, Shin Sasada, Mari Wada(2007),
A Survey on School Work with Computers and Collecting Information on Education for Teachers in Japan, Proceedings of ICCE2007, pp.587-594

◇2007年8月21日(火)

日本教育情報学会第23回年会(常磐大学)において以下の発表を行いました。

「教員に役立つWeb上に存在する情報の所在を配信するシステムの開発と評価」
  ○畠田 浩史(内田洋行)・堀田 龍也(メディア教育開発センター)・石塚 丈晴(静岡大学)
・青木 栄太・杉山 知之・笹田 森・伊藤 博康(内田洋行)

◇2007年6月8日(金)

New Education EXPO2007東京にて 「メディアと学校施設を考える -UNIQUEプロジェクトからの発信-」と題してセッションを開催しました。
教室におけるICT環境について、学校建築および授業実施の観点から千葉大学工学部 柳沢准教授と和歌山大学教育学部 野中准教授に登壇いただいた後、メディア教育開発センター 堀田准教授を交えたパネルディスカッションを行いました。会場は立ち見が出るほどの盛況でした。

◇2007年5月19日(土)

日本教育工学会 研究会(北星学園大学短期大学部)にて以下の論文を発表しました。

「インターネットによる教育情報の配信に興味を持つ教員の情報収集の特性」
  ○石塚丈晴(静岡大学)・堀田龍也(メディア教育開発センター)・笹田 森・和田真理(内田洋行)

「教室のICT環境に関する日英比較」
  ○野中陽一(和歌山大学)・堀田龍也(メディア教育開発センター)・Avril M. loveless(ブライトン大学)

また、当日ブライトン大学ラブレス教授には特別講演として「誰が、どこで、どのように創造性を育成するのか。 ~知識社会における創造性とデジタルツールに関する英国と日本の見解~」というタイトルでご講演いただきました。

◇2007年5月18日(金)

学校現場視察で札幌市立星置東小学校をブライトン大学ラブレス教授とともに訪問しました。
午前中の科学学年の授業を視察し、昼にはランチルームで5年生と一緒に給食もいただきました。
その後、内田洋行北海道支社1階にあるユビキタス協創広場「U-cala」にて、次世代の教室環境を体感しました。

◇2007年5月17日(木)

内田洋行 潮見オフィスにブライトン大学ラブレス教授をお招きし「英国の教室のICT環境に学ぶ」と題して勉強会を開催しました。
当日は、UNIQUEプロジェクトメンバー以外にメディア教育開発センターならびに内田洋行の参加希望者が集い、活発な意見交換が繰り広げられました。

◇2007年3月26日(月)

SITE 2007--Society for Information Technology & Teacher Education International Conference(San Antonio, Texas, USA)にて以下の発表を行いました。

「A survey on computer environment and school work with computer for teachers at public elementary and junior high schools in Japan」
○石塚丈晴(静岡大学)・堀田龍也(メディア教育開発センター)・笹田 森・和田真理(内田洋行)

◇2007年3月17日(土)

2006年度UNIQUEプロジェクト成果発表会を株式会社内田洋行潮見オフィスにて開催しました。
当日は、2006年度の研究成果報告、ならびに来年度の研究・開発に向けて和歌山大学教育学部 野中助教授や千葉大学工学部 柳澤助教授などから先進的な教育環境や建築についてご講演いただきました。
会場には、約80名の教育関係者にご参加いただきました。

◇2006年12月15日(金)

 電子情報通信学会 教育工学研究会(ET)(琉球大学 教育学部 附属 教育実践総合センター)にて以下の2本の発表を行いました。
・石塚「公立小中学校の教員によるWeb上の校務情報の収集に関する調査」
・和田「教員が必要とするWeb上の情報の所在を配信するシステムの開発」

◇2006年11月10日(金)~11月12日(日)

New Education EXPO 2006 in 埼玉にて11月11日に「教師のためのデジタル仕事術」セッションの開催ならびにブースでの展示を3日間にわたり実施しました。
セッションには雨にもかかわらず約50名の熱心な参加者にお集まりいただきました。

◇2006年11月3日(金)

日本教育工学会第22回全国大会(関西大学)にて以下の2本の発表を行いました。
・石塚「教員用に公的に配布されているコンピュータの割合と校務の負担感に関する調査」
・和田「教員に必要なWeb情報を配信するシステムの開発」

◇2006年9月2日(土)

石塚 丈晴客員助教授が日本教育工学会研究会(三重大学)にて「公立小・中学校における校務へのコンピュータ利用に関する調査」というタイトルで論文発表を行いました。
参加者からは、「学校単位ではなく配備されている人・いない人で分類わけしたほうが良いのでは」、「雑務を少しでも減らせる取組みになるよう期待している」といった意見が寄せられました。

◇2006年7月8日(土)

石塚丈晴 客員助教授が情報処理学会(東京大学)にて「公立小・中学校における教員の校務への負担感とコンピュータの利用に関する調査」というタイトルで論文発表を行いました。

◇2006年6月7日(水)~8日(木)

New Education EXPO2006 in 大阪にて2日間にわたりブース展示を行いました。
東京同様、多くの方々にブースに立ち寄っていただきました。

◇2006年6月1日(木)~3日(土)

New Education EXPO2006 in 東京にて6月2日に「教師のためのデジタル仕事術」セッションの開催ならびにブースでの展示を3日間にわたり実施しました。
セッションでは、研究協力者の玉置 崇校長他、堀田 龍也助教授、石塚 丈晴助教授、和田 真理、青木 栄太が順次発表を行った。セッションには約70名の参加者が集まり、「学校現場での実践が参考になった」、「IT化と負担感の調査により実態が知れて興味深かった」といった意見が寄せられ非常に有意義な発表となりました。

◇2006年5月27日(土)

和田 真理(株式会社内田洋行)が日本教育工学会研究会(奈良教育大学)にて「教員に必要な情報を配信するシステムのためのWeb情報の選定」というタイトルで論文発表を行いました。
参加者からは「配信する情報をWeb情報に絞ったの理由はなぜか」、「選定基準はどのように決定したのか」、といった質問が寄せられ、活発な意見交換が行われました。

◇2006年3月30日(木)

メディア教育開発センターと株式会社内田洋行が包括連携協定を締結しました。
今後、UNIQUEプロジェクトで様々な調査・研究・開発を実施していきます。