タイトル

国立教育政策研究所 令和2年度教育研究公開シンポジウム 高度情報技術の進展に応じた教育革新 ~「学習評価」の充実による教育システムの再構築: みんなで創る「評価の三角形」~(テクノロジーフェアでのプレゼンテーション)

実施年

2020_9

概要

令和2年9月15日にオンライン開催された「国立教育政策研究所 令和2年度教育研究公開シンポジウム」内のテクノロジーフェアにおいて『学習プロセスの「可視化」とシステム間「データ連携」で学習評価を支援するウチダ学習マネジメントサービスのご提案』と題したプレゼンテーションを行った。

【プレゼンテーション概要】

  • 新しいアセスメント手法~CBTプラットフォームTAO
  • 学習評価を学習環境にインテグレーションする~学習履歴ダッシュボード,国際規格への取り組み
  • 教師の知りたいこと~学力調査データ活用研修/コンサルティング

 

関連リンク

国立教育政策研究所 令和2年度教育研究公開シンポジウム

テクノロジーフェア(内田洋行)に関するお問い合わせフォーム

ダウンロード資料