CBTプラットフォーム TAO<タオ> とは

パソコンやタブレット端末を活用して学力を測る新たな手段。
ブラウザだけで使え、国際標準規格に準拠している、同時受験者20万人規模の実績のあるCBTです。

  1. OECD PISA 全国学力・学習状況調査等での大規模実績
  2. 流通性の高いQTI形式の問題・テスト
    •QTI(Question &Test Interoperability)2.2対応
    •作成した問題やテストはQTI対応の他システムでも利用可能
  3. Moodleなど外部LMSとのシームレス連携
    •LTI(Learning Tools Interoperability)1.1対応
    •他システムからテスト機能を呼び出し可能
  4. 直感的な操作で簡単に問題・テストの作成
  5. 導入時間短縮や投資抑制を実現するオープンソース
事例集ダウンロード

 CBT紹介資料.pdf [2221KB pdfファイル]